スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パンフルート演奏】果たして、半年間の成果はいかほどに?

寒いっ!

暗いっ!!

寂しっ!!!



寒さに負けそうな日々が続いておりますが、パンフルート片手にいつもの広場で今日も練習。



パンフルートを始めて早半年

その間ずっと吹き続けてきた「アメイジンググレイス」は、やっとこの程度まで吹けるようになりました。(つД`)


<今日の練習>
・2度飛び
・3度飛び
・半音
・練習譜1~19
・練習曲(全部)
・カントリーロード
・千の風になって



<アメイジンググレイス>
アメイジンググレイス

ロングトーンで音がぶれないようにする
連符の際にはタンギングを使用しない
音の切れ際を意識する
ブレスをしっかりと行う
唇を管にべったりくっつけない(付くか付かないか?ぐらいの微妙な距離感を維持)
メロディを常に意識
顎の筋肉、唇の形、舌の形をいろいろとチェックしてました

とにかく上記の点を意識して、この一ヶ月間は練習。

Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

「Amazing grace / That saved」の3連符は、とにかく音が途切れないようにして、滑らかに演奏。たとえD→Gへの4度飛びであっても、可能な限り途切れを感じさせないよう、腹式呼吸での息を維持させつつ、管の移動を正確に素早く。

「the sound / like me」は、音の出始めが強くなりすぎないように注意。
(今までの録音を聴いていると、どうしても出始めで強めに出てしまう癖があった)
ロングトーンでは、唇の形を維持させながら、腹式呼吸による息の強さで音量をコントロール。
各ワード毎での途切れ方は、常に同じやり方で途切れるように舌の形をチェック。
(上の歯の根元に舌をつけてから抜くっていう感覚になるかと)


な、なんとか聴けるレベルまでには、なってきたかな?


練習しまくったアメイジンググレイスだからこそ、こうやっていろんな事が出来るようになったわけで、練習中の「千の風になって」等は、まだまだ吹くのが精一杯。(--;


<千の風になって>
千の風になって

アメイジンググレイスと比べてみると、たどたどしさが至る所に感じられてしまうのはまだ仕方ないのかも。
ミスもまだまだ一杯。(つД`)
『吹き渡っています~』という箇所が、この演奏だと『吹・き・渡っ・て・い・ま・す』っていう感じで途切れてきこえています。この癖が曲全体に渡って出てしまっているのが、たどたどしさの原因なのかと。
「レガートに演奏する」
という事のみを意識して練習しているのですが、まだそこまでのレベルに達していないっていう状態ですね。

ちなみにこの千の風になって。
メロディは馴染みやすいし、テンポもゆっくりだから簡単そうに思えるのですが
「私の~」(G→C:4度飛び)
「私は~いません」(A→C:6度飛び
「空を~」(E→C:6度飛び
といったパンフルート泣かせの高難易度音階移動があるので、その部分を演奏する時になると、いつも
『キタ━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━!!!!』
という感じで身構えてしまうあたり、素人くささ満載です。

まだまだ未熟。(^^;





そういえば、最近広場で練習していると
「オカリナの音に似ている」
と良く言われるのですが、そういうものなのでしょうか?
オカリナってあまり聴いたことないのですが、一度聴いてみると良いのかも。



さて、そろそろ時期的にもクリスマス関連の曲でも練習してみようかなぁ~。
以前、
「パンフルートでクリスマスキャロルなんか吹いてみたら良いのでは?」
というアドバイスをもらった事があるので、しっかりと練習したら、それはそれで良いモノになるのかもしれない。



こんな風にメドレーで演奏できるようになるとカッコイイなぁ~。
がんばってみようかな?


スポンサーサイト

Comment

[2347] 寒くなってきましたね。

武之介さん、寒さの中を練習熱心ですね。その成果が演奏に現れています!(拍手)それにしても自分の演奏を実に細かく分析していてす、すごい!良い記録ですね。

[2348] 思い浮かぶ情景

暗い、寒い、寂しい、からして一人でやってる姿が目に浮かぶようです。それでもがんばってください(笑)。
さて、寒い時期が到来したようですね。朝晩寒いです。おとといは仕事の終わりかけに五分少々の軽い降雨にみまわれ寒い思いをいたしました。今日は仕事の総労働時間の調整でお休みです。で、なんやかんやで買い物に出かけ必要なもの二、三点購入し、ついでに文庫本二冊購入しました。宮城谷さんの“風は山河より”というのを買ってきました。家康家臣の菅沼一族を書いたものだそうです。武田信玄を籠城で退けたというのがミセモノでして、以前宮城谷さんの歴史紀行の本で松平、奥平、菅沼の城という内容で三河、遠江地方の戦国時代の考察されていました。こういうマイナーなのが小説になればなぁと思っていたのですが、見事、大家によって文章化されました。今後巻数が増えていくようです。v-369

[2349] 寒さに震えつつ・・・

■ Panflute殿
パンフルートは指先をあまり使わないため、寒くても演奏は問題ないのですが、それでもやっぱり防寒対策をとらないと、野外練習はきついなぁ~ということを、やっと気づいた次第であります。(--;

室内で練習してもよいのでしょうが、そうするとパンフルートの宣伝にならないという事になってしまい・・・なにやら悶々としている今日この頃です。(^^;

自分の演奏を録音しても、よい点・悪い点がなかなかわからないところがちょっと問題なんですよね。
こういうときに音楽経験があれば生きてくるのでしょうが、まったくの未経験者だった私には、そういった経験値がないので、右往左往しております。
演奏って難しい。(--;


■ 椿三十郎殿
一人さびしく吹いてますよ~!(笑)
確かに練習している人間は一人ですが、最近では
「いつも練習していますね。この間も聴いてましたが・・・」
という方が少しずつ増えてきているように思えますので、成果はそれなりに出ているようです。
これでパンフルートという名前を覚えていただければなぁ~と思うのですが、自分の演奏力をあげた上で広めていければうれしいなぁって思います。

>宮城谷さん
宮城谷さんの小説といえば、自分の場合はどうして古代中国を舞台にしたものばかり読んでいたので、日本の戦国時代モノというのは読んだことがありません。
メジャーな武将をとりあげるのもよいけれども、そういったマイナー武将にスポットをあてられると、より戦国時代の面白さが広がりますよね!!
徳川家臣の菅沼家といえば、菅沼定盈ぐらいしか知らないのですが、そういった名を知られていない武将なんて、まだまだたくさんいるのでしょうね。

最近、時代小説読んでないなぁ~。

[2350] 追記

最近、500円でうんちく満載の本がよく売られています。いろんな分野で経済、地理、歴史などなど。それで先日の単行本を買ったときに立ち読みを。それによると戦国時代、たびたび侵攻先では奴隷狩りのようなことが行われ勝っても負けてもさらってきた人間を売ったのか使ったのか奴隷化していたそうです。その中でも驚いたことに上杉謙信の関東侵攻で勝とうが負けようが大人数の奴隷が越後に連れて行かれたそうです。…上杉謙信の英雄像が消えていく。と思ってしまいました。武家っちゅうのはあくどいもんなのですなぁ。

[2351] 実態像と理想像

■ 椿三十郎殿
「武家といえども食わねばならぬ」
という所なのかもしれませんね。
実像をしれば知るほど、理想像からかけ離れていくのは歴史の常だと思っています。
江戸時代でも似たような事が一杯ありましたから、信長の野望などによる影響などを考えるに戦国時代なんかはそれ以上にあるのではないでしょうか。(^^;

そういったうんちく本は入門用みたいな感じで読むことが多いですね。
興味を駆り立てるのに便利なので、何かしら新しいジャンルに挑戦する場合は、漫画やそういったうんちく本(簡単なやつ)から入ることにしています。
500円でそういった興味を駆り立てる事ができれば安いものだなぁ~なんて思いますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1064-2f2c7d1b

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。