栃木県合唱コンクールをみてきました。すげーーー(゚Д゚;;)

本日は、栃木県宇都宮市の宇都宮文化会館にて行われた
「栃木県合唱コンクール」
を見に行ってきました。


11時から17時まで。
みっちり合唱を聴きまくってきましたよ!ヽ(^∀^ )ノ


先週のNHK合唱コンクールより多い40団体以上が参加した本日の合唱コンクール。
中学生・高校生・一般というブロックに別れての合唱でしたが、どれもこれも素晴らしかったね~。
広い会場にもかかわらず(武之介は3階席の最上段でみてました)、しっかりと声が響き渡る声量は流石の一言。
発声方法はもちろんこと、発音や姿勢といった合唱技術は、どれもこれもが参考になることばかりでした。
感情等も込めて歌っている事が良く分かるし・・・やっぱり日頃から練習しているんだろうなぁ~という事がよく伝わってまいります。
流石にコンクールを目指す団体だけあって、どこもレベルが高いです!
(しかし驚くことに、栃木県の合唱レベルは全国レベルで見ると低いと言われるのだから、驚き。これ以上のレベルだなんて・・・全国ってどういう世界なんだろうか?)



高校生の部で気になった点があったのだけど、今回の参加団体のほとんどが
「ピアノ伴奏を使わないアカペラ」
でした。
課題曲がそういうものだからということはあるでしょうが、これって最近の傾向なんでしょうかね?自由曲にいたるまでアカペラという団体が多かったのが、ちょっとビックリでした。
素人考えで
「アカペラの方がより純粋な合唱を伝える事ができる」
という事があるのかなぁ~なんて思ったのですけど、本当の所はどうなんだろう?



それにしても、やっぱり男性の参加人数の少なさが目立つなぁ。
だけどそんな少人数にもかかわらず、堂々と歌う姿勢には大変感銘を受けました。
(40人くらいいて、男子1人という所もあった!(つД`))

私も見習わなくてはっ!!

スポンサーサイト

Comment

[2309]

合唱の世界ではアカペラは何年か前から流行っているようですね。より難易度が高いことが魅力だったりするんでしょうか。

ジャズや民俗音楽やクラシックのアカペラコーラスは私の大好物なのですが、音程の合わない、汚いハーモニーはこの世で大っ嫌いなもののひとつでもあります(笑)。

いっとき素人アカペラのど自慢のようなものが流行りまして、あれは非常に不愉快でした。

美しいアカペラコーラスを聴いていると陶然となりますけどねぇ・・・(笑)。

[2310] アカペラ

■ 瑞閏殿
何年か前から流行っているのですか~。
確かに難易度の高い曲ばかりだったので、凄いなぁ~と単純に感心してはいたのですが、やっぱりそういう効果を狙っているところがあるのかな?

アカペラになると、悪い言い方になってしまいますが
「ごまかしが利かない」
ということになるため、場合によっては聞き苦しさを感じる事はあるでしょうね。
「この世で大っ嫌いなもののひとつ」・・・私の合唱も似たり寄ったりな気がします、がんばらないと。(--;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1043-4f565578

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する