N響が吹奏楽を演奏していたらしい

今宵のN響アワーで
N響による吹奏楽
なんていうイベントがあったことを初めてしりました。


オーケストラも良いけれど、吹奏楽はもっと楽しい。
それだけに
「あのN響がっ!!なにーーーーーっ!!」Σ(゚Д゚;)
と驚き桃の木山椒の木。
年に一度しかやらないとの事なので、次は来年になってしまうんだそうな。

ギャオーーーーッ!!
今年は聴けないのかよぉーーーっ!!(つД`)
来年こそはチケットを購入して、ぜひともN響による吹奏楽を味わってみたいね。


それにしてもここ最近
「天地人よりN響アワーの方が楽しい」
という、素直に喜んで良いのか困る現象が起きてます。
天地人・・・(つД`)
スポンサーサイト

Comment

[2303] なぜか・・・ですが

今年は“天地人”なぜか見ていません。なぜなのか、それは、“織豊時代は飽きちゃった”ということが挙げられます。が。それ以前のものとなると資料が乏しいことや伝説の域をでない、はっきりしていないことが多いなど、謎が多いです。織豊時代でも島津とか、鍋島とか、いろいろあるはずなのに、なぜか出てきませんね。雑誌に歴史街道(PHP出版)というのがあります。今月は“立花宗茂”の特集でして買ってしまいました。この人は地元独立→浪人→独立→地元返り咲きという波乱に満ちた人生ですので面白いと思うのです。こういうのをやってほしいなぁ。と一人切望しております。最近は“歴女”のブームで歴史ものがアツいそうですね。その波に乗ってもうちょっと男くさい俳優さんで面白いのを…だれにおねがいしたらいいのかな?e-292

[2304] 立花宗茂

■ 椿三十郎殿
信長の野望大好き人間としては、まだまだ「織豊時代には飽きはこない!」と声高に叫ぶことができるのですが、ここ最近の大河ドラマの傾向にはちょっと・・・って思う所があります。
戦国武将はもっとオジサンで男くさくて、いかにも「武人風」な人に演じてもらいたいなぁ~なんて思いますが、そうしちゃうとあまり一般受けしないのでしょうね~。(^^;

>立花宗茂
この人物は面白そうですよね!
豊臣秀吉の前に本多忠勝とともに召しだされた際に、かの秀吉をして
「宗茂よ、この者が東国最強の本多忠勝である。おぬしは西国無双の評判が高い。東西において無双の者共なれば、わが前にて対面を許す。今後は力を合わせ、宗茂は西国を守護してますます忠義を尽くし、忠勝は家康を助け、東国を安んじよ!」
と言わしめた人らしいですからね~。
あまり詳しいことをしらない人物でもあるので、ドラマ化は切望したいです!
大友家の名将・高橋紹運を実父とし、武田信玄が面会を希望したともいわれる名将・立花道雪が養父ですからね~!!
もうこれだけでも、戦国好きとしてはヨダレがでてきそうなものですよっ!!

でもイケメン主人公はそろそろ勘弁・・・(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1040-eb818656

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する