スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広重美術館にて「江戸の動物展」を見てきました。小林清親がいいねぇ~!

久しぶりに江戸ネタ。
栃木県那須郡那珂川町にある「馬頭広重美術館」にて
『浮世絵に描かれた動物たち展 -珍獣・猛獣・いやしのペット-』
なる面白そうな展示会があるとの情報を入手したため、早速行って参りました。


江戸の動物とくれば・・・真っ先に浮かぶのは「ネコ」!!!
ネコとくれば・・・歌川国芳!!!

さてさてどんなネコ様を拝めるのだろうか?と思っていたら、良い意味で期待を裏切られてしまいました!( ^▽^)


動物といっても様々。
定番の犬や猫はもちろんのこと、ウサギやネズミ、猿や象。
そして驚くことにライオン!!(虎じゃないんです!!)まで浮世絵に描かれていたとあって、大層驚きましたね。
その作品は「獅子図」という作品でしたが、西洋風の描写を取り入れた浮世絵を描く小林清親のすばらしさが遺憾なく発揮されてました。
浮世絵なのに、写実性を感じさせてくれる彼の作品は、歌麿や北斎、広重といった偉大な浮世絵師と肩を並べても良いのでは?と個人的には思っていたりしてます。(^^
武之介の場合、動物を描いた絵師といえば真っ先に
『猫に特化して描きまくった歌川国芳』
が浮かぶのですが、国芳だけではない様々な絵師によって描かれた動物絵は、予想を裏切る形で面白く楽しいものでした。
もちろんネコを題材にした作品は数多く展示されておりましたので
「(*´∀`)ウフフ」
とばかりに堪能させていただきましたよ。
国芳の絵にはネコへの愛を感じるなぁ~!!
もし江戸にタイムスリップすることができたら、是非とも彼の家を訪ねてみたいっ!!
そしてネコについて語り合いたいねっ!!!


浮世絵の年代幅が16世紀~19世紀と開いているため、時代によって描き方や対象となる動物の違いが出てくるのも面白いところです。
前期の頃の動物絵は
「人間とは異なる生態をもった生き物」
という一種の奇異めいた視線で描かれた作品が多いのです。
得体の知れない生き物っていう感じかな。
それが時代が下ってくるにしたがって、だんだん身近なもの・・・つまり「ペット感覚」が広まったのでしょうか?
「身近な動物達」
みたいな親近感のようなものを浮世絵から感じ取れた気がします。
時代を経て変わる動物たちへの距離感。
それは平和な時代が続いた事による一種の文化の現れなのでしょう。
「江戸のペット」という視点から江戸を覗いてみれば、また違った江戸の姿がみれるかもしれませんね。


久しぶりに江戸に触れたら、
「やっぱり江戸は面白いなぁ~」
と改めて再認識してしまいました。
最近はパンフルートばかりで更新をサボりまくっておりましたが、これを機会に久しぶりに更新がんばってみようかな?なんて思っていたりしています。(^^;

江戸のペットについては、いずれ改めて調べてみたいなぁ~。


スポンサーサイト

Comment

[2294]

猫芳と呼ばれるほど猫好きだったそうですね。

国芳の娘の登鯉(とり)を主人公にした「侠風むすめ」「あだ惚れ」「鬼振袖」の国芳一門浮世絵草紙シリーズ三作(河治和香)は、きっとお気に召して頂けるだろうと思います。年を取ったお栄も登場しますしね(笑)。


ところで、全然関係ないですが、本日も自転車旅番組がございます。バラエティっぽい感じですが、これも自転車旅と言うことで・・・(笑)。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sun/

[2297] 猫芳!!

■ 瑞閏殿
猫芳ですからね~。
現代とは違って、江戸時代ですらそれほどに称されていたわけですから、その凄さはとびきりのものだったのでしょう。
以前紹介していただいた国芳の娘の登鯉を主人公にしたものは、ぜひとも読んでみたいと思っております!
ちょうどそろそろ読む本のストックが切れかかっているので、次の本はこれを読んでみようかと。
お栄が出てくるという所もとても楽しみですよ!!

>自転車旅番組
気付いた時には終わってました・・・(つД`)

でもこんな風に自転車が取り上げられるのですから、よっぽどブームになっているのでしょうね。
そういえば、美術館に行く途中でも、何人ものサイクリストの方々を見かけました。
中にはバイクの前後左右に重そうな荷物をつけた自転車旅行中と思われる人もいらっしゃいましたし・・・
「うらやましいなぁ~」
なんて思いながら横を抜けていきましたけど、いつかは私もやってみたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1036-bda80632

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。