チューニングメーターなるものがあるらしいです

土曜日の練習において、中村先生に音がずれている事を指摘してもらったのですが、その際に先生が使用されていた器具
『チューニングメーター』
がホスィ!!(゚Д゚)


今日、さっそく宇都宮市内にある上野楽器さんに行ってきたのですが、いろいろあってどれを買ってよいやらサッパリワカリマセーン。(゚⊇゚)


そもそも、チューニングメーターって何物ですか?


チューニングメーターとは
「楽器を調律するための電子機器である。入力されたピッチと基準音の差を視覚化して表示し、それを元に調律を行う。」(Wikipediaより)
なんだとか。
つまり、楽器の音を鳴らしてみると、
『鳴らした音が周波数的に基準の値とずれていないか?』
が一目瞭然で分かるというスグレモノ。

土曜日の練習の時にどうも武之介のG(ソ)の音がおかしい(結局他の音もずれていたのですが)ので、中村先生の持っていたチューニングメーターに向かって
「プー」
と鳴らしてみたのです。
すると、液晶画面に車の速度計のようなメーターが表示されて
「アンタの音はずれている!!」(゚Д゚)b
とばかりに、音が高い(メーターが右にぶれる)という表示が出てきました。


このチューニングメーター。
どうやらギター用の調律に良く使われるものらしいのですが、ブラスバンド等でも使用されるものなので、パンフルートに使っても全然問題ないですね。
種類も「チューニング・メーター」「クロマチック・チューナー」と2種類あり、クロマチクの方は、1オクターブに含まれる12の半音まで調律できてしまうんだとか。

ちょうと半音問題で悩みに悩みまくっている武之介にとっては

「神のアイテム」(☆∀☆)キラーン

値段もそれほど高くはないようなので、どうしても欲しいです!


中村先生がお使いになっておられたのは、「KORG CA30」というクロマチック・チューナー。
調べてみるとレビューの内容も大変高評価。
値段も2000円でおつりがきてしまうという事でもあり、かなり惹かれております。
・410Hzから480Hzというかなりの広範囲の音を認識できること。
・軽量でコンパクトであり、携帯性に優れること。
・長時間の使用(単4電池2本で100時間!)が出来ること。
・なにより「安い」こと。
というのが、レビューにおいても指摘されいていたポイントのようです。

このCA-30の上位機種にCA-40というのがある模様。
一回り大きくなってしまうのがちょっと気になりますが、視認性が向上したというのがどの程度なのか気になる所です。
(CA-30 104(W)×64(D)×15(H)mm)
(CA-40 100(W)×67(D)×17(H)mm)


ただ一つ気になる点が
「他社のチューニングメーターをみると、メトロノーム機能も付いているものがある」
という事があるんですよね。
今の状態ではテンポまで合わせる余裕がないため、フリーダムに演奏(笑)しているわけですが、楽譜通りにやろうとするならば、テンポを意識しないとマズイはず。
ましてや、他の楽器とのセッションなどをやろうものならば、絶対に必要になってくることです。

どうなんだろう?
メトロノーム機能もやっぱりあった方が良いのかな?
その辺りがよく分からないので、今週一週間かけて、情報収集に専念してみようかと思ってます。
さっそく2chあたりでもさらってみることにしますかね、フフフ・・・(  ̄ー ̄)

しかし、世の中にはいろんな機械があるんだなぁ~と驚かされるばかりです。
きっとまだまだ私の知らない楽器用の機械が一杯あるんでしょうね。


ん?

まてよ・・・もしかしてこのチューニングメーターって
「合唱の発声練習にも使えたりするんじゃ?」(゚Д゚)

おおおおおおおおお!!!!
みなぎってきましたよぉぉぉおお!!!
情報収集をさっそく開始だぜ!ヽ(`Д´)ノ


【参考サイト】
http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/CA-30/
http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/CA-40/
http://www.violinwakaru.com/artcl/10/10_00305.html
スポンサーサイト

Comment

[2203]

こんにちは

私はフリーソフトのチューナーとメトロノームを使用しています。
中村先生の演奏をチューナーで測る?とぴったしです。さすがですな。武之介殿の演奏は先生がご指摘したとおりでした。
やはり、チューナーで音を確認しながら耳を鍛えないとと再確認です。

カスタネット、良いですよね。
パンフルートを買う前は、フレームドラムがいいかなーっと思っていたんですが、なにせ音がデカイ。で、カスタネットを購入。しかし、当然ながらメロディーは不可。練習しながら、なんかモヤモヤしてるうち、東欧音楽→パンフルート→これだ!みたいな流れでして。
今はリズム感を養うには良いかと思っています。
カスタネットは奥が深いですよ。プロの演奏は鳥肌ものです。


[2204] チューナー

■ 紋次郎殿
なんとっ!!
フリーソフトでチューナーがあったのですか!!
さっそく探してみると・・・うぉぉ、結構ありますね~。
中村先生の演奏をチューナーで測ってみたらぴったしでしたか。ますますもって演奏の正確さが証明されたわけですね。
武之介の演奏は落第っ!!ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
ちゅ、チューナーで音を確認しつつ、がんばります・・・・


カスタネット!!!
前の投稿記事である「宇都宮音楽集団」の演奏で、すばらしいカスタネットの演奏がありましたよ!
タカタカタカタンッ!みたいな軽快なリズムは、カスタネットの真骨頂だなぁ~って思いましたし。
カスタネットはメロディというよりは、テンポ・リズムを楽しむものなのかなぁ~なんて思いました。

一度、おっしゃる通りに鳥肌もののプロの演奏を聴いてみたいですね!

[2206]

私もパンフルートをを製作・演奏をしています。
チュウナーはパソコンと単独のものを使用しています。単独のものは2台目です。
暇な時にご覧ください。

[2208] ありがとうございます!

■ mmbannbuu殿
コメント、ありがとうございます!
さっそくBLOGの方を拝見させていただきましたが、素敵なパンフルートを製作されておられますね!!
私なんかじゃ製作なんて夢のまた夢・・・
演奏することすらまだ満足にできない人間ですので、毎日の練習を重ねてmmbannbuuのように演奏できるようになれればなぁ~なんて思いました。

今後もいろいろと参考にさせていただきます!

[2209]

ブログ見ていただきありがとうございます。
製作は演奏のために始めました、13年ほど前に大束 晋先生のコンサートを聞いて、感動、演奏を決意、銀座の山野楽器にパンフルートを求めていきましたが、ありませんでした、輸入で20万しかも左肩上がりでした、そのときに購入をあきらめて、製作して演奏する決意が出来ました、10年間イメージトレーニング、定年即こしらえました、調律に苦労しているうちにかなり吹けるようになりました。
やや気になることがありますので、時間がありましたら、比較的近いので、アトリエへおいでください、示唆できることがあると思います。

[2210] パンフルート制作!!

■ mmbannbuu殿
大束先生の演奏もぜひ聴いてみたいと思います!
mmbannbuuさんをパンフルートの虜にさせてしまうくらいですからね。さぞや素晴らしい演奏なのでしょうね。

パンフルートを始めてまだ二ヶ月ということでもあるので、まだ音を出すので精一杯という状況です。
それゆえ、パンフルート自体まで目が行き届いておりません。
先日、N先生にお会いした際に始めて「調律」という事を聞いたくらいですので。
「やや気になること」
というのは、その調律に関することなのでしょうか?
もしそうなのであれば、勉強がてらぜひともお話しをお伺いしたいと思います!

ご都合のよろしい時をおしえていただければ、嬉しいかぎりです。
よろしくお願いいたします。

[2212]

私の勤務(パート)はつぎの通りです。
月・火・木・金・土は16時から18時30分

水は10時から18時30分

日曜日は休み

ほとんどは自由時間です、7月はやや用事がありますが、8月は用事がはいっていません。

メールをいただければ連絡方法をお知らせいたします。

[2214]

■ mmbannbuu殿
ご返事頂きまして、ありがとうございます。
こちらの予定と検討してみまして、大丈夫そうな日がわかり次第、ご連絡させていただきます!
その上でご検討頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1004-ef982b91

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する