スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK第九を聴いておりました。やっぱりスゴ━━━ヽ(*´∀`)ノ━━━イ!!!

今、生まれて初めて、大晦日に「第九」を聴いています。(^^;
生まれて初めて・・・という所が、如何にいままで音楽と縁のない生活を送っていたか?が分かるところでもありますね~。

合唱に興味のある人間としては、やっぱり合唱のあるパートが楽しい。
始めたばっかりだし知識も全然ないので、
「どのようにして聴けばよいのか」
「聞き所は?」
などといったことがまったく分からないけど、それでもあれほどの大人数が一糸乱れぬ歌声で歌うところは凄い!



来年聴くときまでには、もっと合唱の事を分かるようになっていたいものです。
あー、もっともっと合唱を楽しみたいなぁ。

スポンサーサイト

今年一年、ありがとうございました!

今年一年、ありがとうございました。
本日をもちまして
「上原半兵衛道場」
「武之介だらだら日記」
冬期休暇へと突入させていただきます。

再開は1/5予定です。
休み期間中におきましては、ネタになりそうなことがあり次第、投稿いたします。(^^


江戸時代の人々の年越しは
「掛け取り合戦」
のバトルが大いに盛り上がったそうです。(笑)
そして正月ともなればバトルは終了。
みんな揃って寝正月という、いかにもメリハリのきいた正月だったようです。(笑)
私もそれにならって、正月はゆっくりのんびり・・・そして


『だらだら』

とお休みを堪能しようかと思います!!( ^▽^)



2007年もお付き合い下さり、誠にありがとうございました。
それでは皆様、良いお年を!!

HP更新「大江戸大工事情」

この間の「お菓子」の更新から、どうもHP更新熱がむくむくっと急上昇中のようです。
HPをまたまた更新いたしました。
(大江戸繁盛記:大工


江戸時代の花形職業といってよい大工
江戸っ子の代名詞ともいえるような気っぷの良さなどが有名ですが、職業ステータスとしてみても、かなり優秀だったようです。

江戸時代の貨幣は「銭」「銀」「金」とあるけれども、他の職業とは違い
『銀で給金が支払われていた』
というところに面白さを感じます。
江戸という町は火事が多かったゆえ、出番も非常に多い職業であっただろうし。
特別視されていた職業だったのでしょうね。


まぁ、一人前になるまで、かなりの苦労があったようですけどね~。(^^;

餅つきで泣く

熱々の餅達との戦いに終止符を打ち、打ち粉で真っ白になりつつも、PCの前に帰還いたしましたっ!
餅をぺったんぺったん・・・ではなく、電動で蒸しては
「ガガガガガーーーッ!」
とこねまぜるだけなので、作る工程はあまり苦労はしないのですが・・・。
(どちらかというと、前準備の方が疲れます)


蒸し上がった熱々の餅をちぎっては餡や大根おろしなどにつけてできあがりとなるわけですが、今年は変わった餅を作ってみようかと
「ココア」
「苺ジャム」
「コーヒー」
といったものに付けてみました。


ココア餅はなかなかイケルッ!!(゚Д゚)
餡とはまた違った甘さとココア独特の苦みが良い感じです。
これなら、普通におやつとして出しても問題ないのでは?って思えますね。




・・・苺ジャムとコーヒーはやばいわ・・・(つД`)
(そりゃそうだ・・・っていうか、作る前から気づけよ俺)

苺ジャムは甘すぎます・・・。
1個ぐらいなら大丈夫だけど、小さいのを2~3個食べていたら、気持ち悪くなってきた・・・。

コーヒーは・・・
「なんで私はこんなのを作ろうと考えたんだ?アホちゃうか?」
って思えるようなお味でございました。
もう金輪際、見ることはないでしょう。
アーメン。(-人-)




「蜂蜜」
「こしょう」
「わさび」
「マヨネーズ」
「とろけるチーズ」
といった類にもつけて食べてみようかと思いましたが、苺とコーヒーのダブル攻撃の前に私の胃は
「ギブッ!ギブッ!」(゚Д゚;)

ギブアップしておいて正解だったかもしれませんが・・・(--;



明日はいよいよ、毎年恒例の年越し蕎麦打ちです。
今年は、例年の二八蕎麦に加え、十割蕎麦にも挑戦してみようかと。
自分で打った蕎麦を食べつつ、良い年越しを迎えたいものですね。

今年一年を振り返ってみる・・・(  ̄ー ̄)

今年もいよいよ残すところ、あとわずかとなりました・・・って、去年のBLOGでも、まったく同じ言葉で始まってるなぁ。(^^;
まぁやっぱり定番だっていうことなんでしょうね。

というわけで、
「今年はどんなことがあったのかなぁ~」
を2007年Versionで振り返ってみようと思います。

2007年の私は、どんなことをやってきたのだろう??

MORE »

HP更新「大江戸お菓子事情」

どういう風の吹き回しか・・・約半年ぶりにHPを更新いたしました。
(大江戸繁盛記:お菓子



江戸時代のお菓子というと、
「饅頭」「羊羹」「餅」
といったものがまず思い浮かぶかと思いますが、砂糖が高級だった江戸時代においては、甘さを求めることが難しかったようですね。
そこで、現代でもやる「西瓜に塩をかける」的な発想で
「塩饅頭」
「塩羊羹」
といったものが出ていたようです。

何でも、しょっぱさの余りお茶がなくては食べられなかったとか。(^^;


現代人の感覚からすれば「たかがお菓子」ということになりますが、江戸時代の人々にとっては甘いお菓子ともなれば
「お菓子様ぁ~、へへぇ~」m(_ _)m
と頭を地面にこすりつけるくらいの威力があったのかもしれません。
(冗談ですよ(笑))

とはいえ、来客に羊羹を出したら食べられてしまい
「このやろう」ヽ(`Д´)ノ
という状態になったという話があるくらいですから、さぞや甘いモノが魅力的にうつった時代でもあったのでしょうね。
(基本的に、客先で出されたお菓子には手を付けない?という暗黙的了解があったらしい(笑))



お菓子は大好きですか~?

大好きであればこそ、甘いモノを食べられる喜びをかみしめつつ、じっくり味わってくださいね。

あー、食べ過ぎにはご用心を。(笑)

今年最後の水泳で・・・削れ!体重!削れ!体脂肪!!ヽ(`Д´)ノ

今日は超久しぶりに「定時」という名の不思議な時間帯に仕事が終わったので、久しぶりにアフター5の水泳に行って参りました。
今年中の仕事をすべて片づけられたので、気分もノリにノってます♪(笑)


冬という時期的なものもあって、流石にお客さんの数も少ない。
私を含めてわずか3人!!
縦横無尽にプールの中を泳ぎ回れることは、なかなかないことです。
しかし、この寒い中に水泳に行こう!って思えることはある意味凄いことだよなぁ~。
自分の事ながら、驚き半分呆れ半分。(^^;


久しぶりのプールでしたが、クロールも平泳ぎもバッチリ。
クロールの方は最近になってようやく泳ぎ方が馴染んできたようです。
ちょっとやそっとのブランクでは、泳げなくなるようなことはなくなりました。
良い傾向です。

とはいえ、まだまだ泳法に無駄な力が入っているのは隠せません。
上手い人の泳ぎを見ていると、まるで力が入っていないように見えます。
それでいて、速い
私の泳ぎはまだまだ腕や足に無駄な力を使っている
そして、遅い。(つД`)
「手の形をちょっと変えて、水をかいてみよう」
「腕の位置をちょっとずらしてみてはどうか?」
「バタ足の最中の足首の状態をちょっと・・・」
などと、自分のフォームをいろいろと試行錯誤しては泳いでみる・・・の連続。
そんなこんなでみっちり1時間ほど、ずっと泳ぎ続けておりました。

スポーツの楽しさって、こういった
「試行錯誤の結果での上達」
というのが醍醐味なのかも。
バドミントンやサイクリングもそんな感じでしたし。(^^


水泳前と水泳後の体重を量ってみると、0.2kgほど体重が下がっておりました。
意外に下がるもんなんですね~。
数値的には微々たるものですが、こういった小さな積み重ねが大事。
特にこれから来る年末年始は、体重増加が必死です。
それに備えて、下げられるのであれば少しでも下げておきたいですよね。
体重増加を最低限の被害で乗り切りたいものです。
その為にも、年末年始とはいえ、食べ過ぎないことに注意しなくては。
(もちろんオイシイものはしっかり食べますよ!楽しさなくして、何が年末!何が正月!ヽ(`Д´)ノ)


体重が気になってきたら、日経サイエンス11月号の表紙にある
「メガマック」
の写真をみて、「がんばろう体脂肪」と叫びましょうか。(笑)
あれはいくらなんでも、マズイでしょ~?
(メガマックのカロリーは754kcal・・・水泳2時間分でも足りないかも。(^^;)


年末年始は楽しいしオイシイものも一杯出ますけど、食べ過ぎにはご注意を。
そして、快適な体脂肪ライフを!(笑)

NASAが2007年の印象的な天文写真12枚を発表

「NASAが2007年の印象的な天文写真12枚を発表」ということで、素晴らしい天文写真が掲載されております。
中には

「あ、これニュースで見たことある!」

なんていう写真もあるのではないでしょうか?


天文好きにとっては、どの写真もすごいなぁと感心してしまうものばかりです。
「満月の後ろを通る土星」とかの写真がすごかったっ!!Σ(゚Д゚)

反省しまくりのクリスマスコンサート in 教会ヽ(`Д´)ノ

今宵は市内の教会にて、「クリスマスコンサート」の合唱を行って参りました。

説教壇に立った牧師様の合図で、手渡されたキャンドルに灯が灯されます。
電気が落とされた部屋の中は、蝋燭の淡い明かりで部屋全体が淡い光に包まれました。
そして
「聖書」
「賛美歌」
「祈祷」
といった燈火礼拝の行事が始まります。
聖書を聞いたり、賛美歌を歌ったり、
「アー・メン」
と祈りの言葉を発したりなど、初めての出来事の連続にドキドキしながら、教会が持つ独特の雰囲気を楽しんでおりました。
教会って初めて足を踏み入れましたが、
「こういう所なのかぁ~」(゚Д゚)
としみじみと教会が持つ独特の神秘的な空間に感じ入っていたような気がしますね。

私はあまり信仰心とは無い人間です。
でも、そういう人間ですらああいった空間の中に置かれると、自然と「神」というものを信じてもいいかなぁ~って思えてきてしまうから不思議です。


さて、いよいよコンサートが始まります! (((( ;゚Д゚)))

MORE »

バドミントンのスコア表を携帯アプリで作ってみるか?

今日のバドミントン教室において
「バドミントンのスコアの付け方」
について教わりました。


バドミントンの大会に出るためには、このスコアリングが出来ることが義務づけられます。
(というのも、負けた人が基本的に試合の審判を行っていくため)


今までバドミントンのプレーに関する技術は教わってきましたが、こういった知識的な事を教わるのは今回が初めて。
慣れない手つきでしたけど、何とか1試合のスコアリングを付けることができました。

で、帰宅後に調子にのってスコア表をExcelで作ってみた。(笑)
バドミントンのスコア表



ただExcelで作っただけだと、ここで「終わり」になってしまいます。
これだけだと・・・
『つまらない』。(゚Д゚)v
私の持っているIT技術とバドミントンを結びつけて何か出来ないものかなぁ~とちょっと思案中です。
(ちょっと無理があるかもしれませんが。(^^;)

携帯アプリでスコアリングの補助をしてくれるツールでも、試しに作ってみるかなぁ。
バドミントンの試合で、スコアリング中に携帯をゴソゴソっていうのも何だか変だけど。(笑)

壊れかけのRadio

飾られた行きばのない~♪押し寄せる人並みに~♪
本当の幸せ教えてよ~♪壊れかけのRadio~♪

ご存知の方も多い徳永英明氏の『壊れかけのRadio』。
仕事中も気がつくと、自然と脳内BGMとして流れ出しているくらいにはまってしまってます。
(何をいまさらと言うなかれ(^^;)


こういったバラード調(あってる?)の曲はかなり大好き。
寂しげなメロディの中にある暖かさのようなモノが伝わってくるようで、聞いていても歌っていても、素晴らしく気持ちが落ち着きます。
前日の「千の風になって」もそうだったのですが、気に入った曲を見つけると、聞き飽きるまでリピート再生する癖があるため、昨夜から我がiTunesの壊れかけのRadioの再生回数がうなぎのぼり状態です。(^^;
そんな状態で聞きまくっているものだから、車の中でも流しっぱなし。
仕事中にも頭から離れず、休憩時間を見計らって日記まで書いてしまう始末です。(笑)


調べてみたところ、徳永英明氏の曲は
「輝きながら…」
「夢を信じて」
「壊れかけのRadio
あたりが、長年にわたって聴かれ続けているロングセラーになっているとか。
「夢を信じて」はもろドラゴン○エスト世代の私でしたから当然知っておりますが、「輝きながら」の方はまったく知りません。
ぜひこちらの曲も聴いてみたい・・・。


私の音楽の幅はかなり狭い。
だからこそ、いろんな音楽を聴いて、さまざまな音楽を楽しめるようになれればうれしい限りですね。

今年の「紅白」にも出場するらしいのですが、彼の出演するときだけでも見てみようかなぁ~。
今日は仕事帰りにでも、TUTAYAに寄っていくか!ヽ(`Д´)ノ

クラブでの本年最後のバドミントン練習

昨夜は、私が参加している宇都宮市のバドミントンクラブの最終練習日でした。
クラブといっても、皆で和気藹々とゲームを楽しむようなクラブ。
それゆえ基礎打ち練習は程ほどにして、今年最後のゲームを楽しみます。

このクラブに参加して、そろそろ1年
(初参加の時の日記は『バドミントンクラブ編 [第一夜] しょ、初心者っ?Σ(゚Д゚;) [2006/12/05]』)
参加した当初と比べて上手くなったか?と問われると
「あまり変わりません」(つД`)
という返事しかできませんが、バドミントンへの情熱(笑)だけは、当社比200%。(^^

でも情熱だけが空回りしてます、最近のバドミントン。
スマッシュが決まりませ~ん。(つД`)


MORE »

葛飾北斎の展示会が開催されています!

今日は疲れているにもかかわらず、凄い勢いで記事書きまくっています。
何でだろう。(笑)


今、江戸東京博物館にて
「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」
が開催されている模様です。

(HP:江戸東京博物館-特別展


2年前にも「凄いぞ!北斎展 [2005/11/07]」にて記事にしている通り、素晴らしい北斎展があったわけですが、今回の展示会もそれに負けないくらいの展示会みたいです。


「長崎の出島に滞在したオランダ商館長たちは、 4年ごとに行われる江戸参府の時に北斎などの絵師に肉筆の風俗画を注文し、次の参府の際に注文した作品を祖国に持ち帰っていたことがわかりました。」
ということが最近の研究で明らかになったということでもあり、今回の展示会で初お目見えという作品がいくつかあるかもしれません。

この手の展示会は大変混み合うのが普通ですけれども、それでも見る価値は十分にあるものだと思われます。
葛飾北斎という絵師が好きな方や、杉浦日向子先生の「百日紅」に感動を覚えた方には、ぜひとも足を運んでもらいたい展示会ですね。
江戸検定受検者なら、必見の展示会ではないでしょうか。


来週の週末に上京する用事があるため、その帰りにでも寄って来れたら行こうと思います。
大混雑状態で、見終わった後はヘトヘトになっているかもしれませんが。(^^;




がんばれIXY DIGITAL 400!!

BLOGの写真の話が出て参りましたので、そんな私のBLOGを支えてくる影の力持ちのデジカメ「IXY DIGITAL 400」をご紹介!!(笑)
(こんなコトばっかりやっているから、記事数だけは伸びるんだろうなぁ)

CANONのカタログ



発売当初は
「最高の400万画素!」
「11倍の光学ズーム搭載!」
「業界最軽量の185g!」
「業界最小サイズ!」
と素晴らしいデジカメでございましたが、2007年のデジカメラインナップを見ていると、今ではその非力さに涙が出てきてしまいます

画素数だって、今や携帯電話のカメラにすら劣る始末。
総合的な性能で見比べてみたとしても、デジタルカメラVS携帯カメラという戦いの舞台に上げてもらえないくらいのものになっちゃっているような・・・。

とはいえ、サイクリングで景色を撮影するだけなら、これで十分。
単純に画素をあげるだけでは意味がないということは、『デジタルカメラが・・・( ゚д゚)ホスィ [2006/09/11] 』のコメント欄を参照してもらうとして、長年愛用している大事なサイクリングツールの一品となっております。


今の最新機たる「IXY DIGITAL 2000 IS」なるものは
「約1210万画素」
「光学ズームと合わせて最大約15倍」
「重量165g」
「95.9(幅)×59.9(高さ)×27.6(奥行き)mm」
となっており、性能もサイズも遠く及ばない逸品。
画素数1210万画素って一体どれくらいのモノなんだろうか。
ネコ様の毛並みの一本一本くらいまで見えてしまうのではないだろうか?とビックリしてしまいます。

デジカメも欲しいなぁと思いますが、どちらかといえば「デジタルビデオカメラ」の方が欲しかったりします。
(これで、バドミントンやスキーにおける自分のフォームをチェックしたい!)
サンタさん・・・は無理だなぁ~。


財布の中身はすぐに尽きちゃうのに、欲しいモノは尽きませんね。(^^;


愛着もわいてきたことだし、そろそろこのデジカメにも名前付けてやろうかなぁ~。

ファイル数と記事数が・・・

今、なにげに記事を書いていて気が付いたのですが、BLOGを始めて以来、投稿した写真の数が

『783枚』
(総ファイルサイズ:35.16MB)

にもなっている模様です!!Σ(゚Д゚;)

わ、我ながらちょっとビックリ。

確かにデジカメで写真を撮りまくっている意識はあったけど、まさかここまで数を撮っていたとは・・・。
よく見てみたら、投稿記事自体も、「佐野厄よけ大激走 in 2007 and ラストサイクリング2007」にて、


『723』



となっており、もしかしたら来年中に1000個投稿に到達してしまうかもしれません。

2004年からだらだらと続けているこのBLOGですが、長年続けていれば、それなりの数になってくるものなんですね~。
よく考えてみたら、3年以上も続けていることになるのかぁ~。
たかが日記なのにもかかわらず、よくネタが尽きないものだなぁ~と、感心しちゃうかも。(^^;


今後も相変わらずだらだらと投稿してきますので、気が向いた時にでもコメントいただければ、大変嬉しい限りです。

よろしくお願いします!


佐野厄よけ大激走 in 2007 and ラストサイクリング2007

日曜日は、今年の走り納めと称して、栃木県佐野市にある
「佐野厄よけ大師」
にまで行って参りました。

何度も行っている場所でもあるため
「楽々じゃん♪」
なんて気楽に考えていたけれども、まさかあれほどまでに苦戦することになろうとは・・・ふ、不覚。(つД`)


今回も写真付きで、その大激走を紹介です!

去年の記事:佐野厄よけ大激走! [2006/10/22]

MORE »

定例観測会「火星と月面の観測」に参加してまいりました

今週末は、久しぶりの「定例観測会」がありました。
今回の目的は「火星・月面の観測」
月面を見る機会は多いのですが、火星の観測というのはなかなかありません。
というのも、火星には観測に適した時期というのが存在するのです。


火星は、地球と同様に太陽を回っております。
でも、完全な円で回っているわけではありません。(楕円)
それによって、2年2ヶ月毎に火星が地球に接近する時期が生じるのです。
火星と地球が接近するためにより近い位置での観測が可能ということになります。
それが今月の19日頃になるんだとか。
それで今回の観測会の目的が「火星」となりました。

MORE »

『ふたご座流星群』を見てみよう!

天文好きにとっては、これまた楽しみな
『ふたご座流星群』
が到来しております!

(国立天文台のページ:ふたご座流星群を眺めようキャンペーン

HPによりますと、もっとも流星群が顕著にみえるのは12/13の今夜となるのですが、残念ながら天候不順なため、見られる地域は限られてくるようです。(つД`)
とはいえ、流星群は15日あたりまで見ることができます。
14日あたりからは天候が回復するらしいので、きっと素晴らしい流星群が見れるはずです。
(今年は月明かりもないので、更にいいかもっ!!)


詳しいことは国立天文台のHPを見てもらえばわかりますが、観測するポイントとしては
<道具>
・望遠鏡、双眼鏡は特にいりません。

<場所>
・外灯などの照明があまりない場所が良いかと。

<時間>
・夜であればたいてい見れるはず。(特に指定なし)

<見る方向>
・夜空の全方位となります。(特に指定がありません)
(※理由については、HPにて詳しく書いてあります)
『特に視点を絞るようにみるわけではなく、広い視野で夜空を眺めるような感じ』
で見ることをオススメします。



<※注意点※>
・真夜中の観測になるので、防寒装備を十分にしてください。
・車などの交通事故にも気をつけて。
・お一人での観測はせず、できるだけ数人での観測を。
・野外に出ても、目がなれるまで15分ほどかかります。


これらに十分気をつけた上で、夜空を流れる『ふたご座流星群』をご覧になってくださいね!( ^▽^)

図書館で借りてきたモノ

本日、図書館で借りてきたモノ一覧。

「日経サイエンス12月号」
「雑学を超えた教養シリーズ 天文学はこんなに楽しい」
(CD)「定番 ハレルヤコーラス 宗教合唱曲名曲集
(CD)「天使の歌声 ザ・ベスト・オブ・ウィーン少年合唱団」
(CD)「ハレルヤ!宗教合唱曲&アリア集」

今のワタシの興味の現れが、よ~く出ております。(笑)


この音楽成績2だったこのワタシがっ!!!(゚Д゚)b
図書館内のクラシックCDの棚を漁る日が来る
なんて世も末です。
・・・来年は大丈夫なんだろうか?って本当に心配になってきちゃいますね。(笑)

MORE »

上原半兵衛道場が、設立10年を迎えました!良く続いたもんだなぁ~(^^;

え~、12/7を持ちまして、我がHP「上原半兵衛道場」が
『10年目に突入』
(計算合ってるよね?まぁどっちにしろ10年経ったということです!)
ということになりましたっ!!


とはいえ、最近さぼりまくっている状態。(つД`)
約半年ぐらい更新が滞っておりますが、このBLOGが存在しているのも、元々は上原道場のおかげ。
よくもまぁ、10年も続いたものだなぁ~と、自分自身に驚いている次第です。(^^


MORE »

忘年会は楽しむもの??

今週末は、前の会社の友人達との忘年会でした。
飲み終了後には、徹夜カラオケに突入したわけですが・・・やはり年々年を意識せざるを得ませんね~。(^^;
といっても、歌うことが大好きな武之介はカラオケが大・大・大好き。
最後まで元気に「The Blue Hearts」を歌いきりましたとも。(  ̄ー ̄)

「The Blue Hearts」サイコーッ!!ヽ(`Д´)ノリンダリンダー



それにしても、この時期の新宿というところは、本当に凄い状況になりますね。
「忘年会シーズン」
「週末の土曜日」
というダブル効果も加わってか、現地はいつも以上のもの凄い混雑ぶり。
オマケに徹夜明けの早朝5時にもかかわらず、駅前は人混みで混雑しているのですから・・・
「眠らない街」
とは良く言ったモノだと感心してしまいます。
早朝5時の新宿の状態と、午後8時の我が地元の混雑ぶりを比較すると、悲しくなってきますが。(^^;

MORE »

ハレルヤ!ハレルヤ!ハレ~~ルヤ!ヽ(`Д´)ノ

Hal le lu jah!!!(ハレルヤ!)ヽ(`Д´)ノ
Hal le lu jah!!!(ハレルヤ!)ヽ(`Д´)ノ


今日の合唱練習で、初めて「ハレルヤ」を歌いました。
聞いたことのある曲だからすぐに慣れるだろう~って思っていたけど、独特のリズムが非常に難しくて、なかなか上手く歌えません。
でも、歌っているとすごく気分が高揚してくる曲ですねっ!!

指揮者の先生が
「多少間違えても良いぐらいの感じで、元気に!」
っておっしゃる意味が良くわかります。
この歌は、小さい声で恥ずかしがりながら歌うようなモノではないと思います!!

MORE »

あなたの名字のランキングは何位?

「姓・名字・苗字の全国ランキング」
というちょっとオモシロイサイトを見つけたのでご紹介。


入力した名字を検索して、それが全国的にどのくらいの数があるのか
そして、数が多い順のランキングはどのくらいになるのか?
ということがわかるようです。
「あまり自分と同じ名字を見たことないよなぁ~」
って思っていらっしゃるツワモノの方は、ためしに入力してみてはいかがでしょうか?


【注意】
(※100000万件のCSVファイルを読み込んでいるようなので、サイトを開くと読込完了まで動作が遅くなります。ご注意ください)



というわけで、さっそく試してみましたよっ!( ^▽^)

MORE »

火星が見頃なんですよー!( ^▽^)

今、『火星』がとても見頃な時期になっております。(^o^)


夜8時頃に東の空を眺めてみると、すぐにオリオン座を見つけることができます。
そのオリオン座のすぐ北側あたりでしょうか。
淡くオレンジ色に光る星を見つけることができるはず。

それが「火星」なんです!!ヽ(`Д´)ノ


今、火星は地球に最も近づいている状態だったりします。
双眼鏡では無理でしょうが、ちょっとした望遠鏡で見てみれば、火星の姿を確認することができるのではないでしょうか。
月が明るすぎて見れなかった時期とは違い、今は夜空が暗くなっているため、観測にはもってこいです。
火星はもちろんのこと、冬の星座達を思う存分楽しむことができます。


仕事帰りにちょっと時間がありましたら、東の空を眺めてみてください。
遙か遠くの惑星に思いを寄せてみるのも、たまには良いと思いますよ~。(^o^)


「千の風になって」にスイッチが入ってしまった!

むむむむむ・・・どうやら
「千の風になって」
に対して、スイッチが入ってしまった模様です。(  ̄- ̄)



市民文化祭」 が終わってからというもの・・・車の中や家の中でずぅ~っと聴きっぱなしじゃんっ!!(笑)

以前は、
「良い曲だなぁ~」
程度にしか思っていなかったけれども、実際に歌ってみたらそれ以上にすごく良かった。
そして文化祭での合唱で聴いて、大正琴の演奏Verで聴いて・・・といろいろなパターンで味わっていたら、いつの間にかスイッチが入ってしまったようです。
Ituensの再生回数が、既に数十回までカウントされてる・・・(^^;



気になっているのでWikipediaにて調べてみたら、どうやらこの原曲はアメリカ合衆国発祥とされる詩なんだそうですね。
(Wikipediaへ)

詩の雰囲気から日本モノっぽいなぁ~なんて思っていただけにビックリです。
この詩を日本に紹介したというデーブ・スペクターの株が、武之介の中で急上昇中だったり。(笑)



「千の風になって」の楽譜は、多数市販されているんだそうです。
私が持っている楽譜は、混声合唱用
その他にも、吹奏楽用木管五重奏なんてものまであるんだとかっ。
吹奏楽でも聴いてみたいけど、木管五重奏なんていうのもぜひ聴いてみたいなぁ~!
大正琴の演奏は、もしかしたらその辺りの楽譜を使ったのかも?
あぁ~、出場者の方に聴いておけば良かったぁ~、不覚っ!!ヽ(`Д´)ノ





今も、この書き込みを書きながらBGMとして「千の風になって」が流れています。
たぶん探せば、いろんな所で演奏しているはず。
調べてみて聴きにいってみようかな?って思っていたりしてます。
あぁ~、何度聴いてもええ曲やぁ~。(*´∀`)




あぁ、そうそう。
ついさっきまで「千の風に【の】って」って勘違いしてました。(^^;
歌っていた時は確かに「なって」って歌っていたんですよね。
それなのに何で違うんだ?って思っていたけど、

『おかしいのはお前やんけーっ!』ヽ(`Д´)ノ

って自分自信ツッコミしてやりました。(笑)
あー、なんかすっごく楽しい。(笑)


今宵は寝るときまで、ずっと聴いていそうですわ。(^o^)

音楽って素晴らしい・・・(  ̄ー ̄)

本日は、市内文化センターにて行われた
「市民文化祭」
に参加してまいりました!

これほどまでに多種多様な音楽に囲まれたのは、「超」が付くほど久しぶりかも。
洋楽器を使ったクラシック。
篠笛や大正琴などと使った和の音楽。
合唱はもちろんのこと、ウクレレなどを使ったハワイアンダンスまで!


演奏される曲もおなじみの曲もあれば、まったく聞いたことのない曲もある。
「千の風になって」
の合唱や大正琴の演奏は、曲も好きだったけど、これまたいいなぁ~って思ってしまいました。
「篠笛」という楽器も初めて耳にしたけど、いい音だったなぁ~。
演奏者も上手かったし、笛の独奏というものが作り出す緊張感が素晴らしい。
童謡や歌謡曲を歌う合唱団などの時は、聴いている観客のこちらも思わず口ずさんでしまいます。
聴いていて心地よい曲がとても良かったね。

「のだめカンタービレ」の頃に感じていた
『音楽っていいなぁ~』
という思いを改めて感じることができました。

MORE »

 | HOME | 

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。