知られざる時代考証家のお仕事

『時代劇はどこまでが真実?知られざる時代考証家のお仕事』
という面白い記事がありました。
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200705101109


時代劇の時代考証って、
「この風俗はこの時代には存在しない!間違っている!」
と単純に言えば良いという簡単な(?)ものではないようです。
「ドラマとして成り立たせなければならない」
「現代人の好みや感覚に合わせたりしなければならない」
「役者の事も考えなければならない」
「でも、できるだけ時代風俗を合わせなければならない」
ということですから、そのバランス調整が難しいところなのでしょう。


こういった時代考証に関することは
「新装版 時代風俗考証事典」
という本にも詳しく掲載されております。
上の記事を読んで、時代考証というものに興味をもたれた方は、ぜひ。


江戸検の勉強にもなる本だと思いますよ!(^o^)/



スポンサーサイト

江戸検公式テキスト(上級編) 『江戸博覧強記』が届きましたっ!

江戸文化歴史検定の公式テキスト【上級編】である
「江戸博覧強記」
が届きました~っ!!(≧▽≦)





「お前、今年は2級受験じゃねーーーかよっ!!」Σ(゚Д゚)b

というツッコミはさておき、まずはこのボリュームをご覧下さい。

20070626_01.jpg

(左:初級編テキスト、右:上級編テキスト)

さ、さすがは上級編・・・と思わずその分厚さに圧倒されてしまいます。(゚Д゚;)



まだ内容を全部把握したわけではありませんが、ちらっと見たところ
・文章が会話形式ではない
(事細かにぎっしり詰まってます!)
イラストや写真・グラフなどが豊富
(テキストとしての作りの丁寧さを感じますね)
という作りになっているようです。
文章が堅い感じになったことで、初級編のような「易しさ」が感じられないあたり、流石は上級編といったところでしょうか。


本の中には
「受験払込書」
「対策講座のご案内」
「はとバスで行く!江戸文化歴史検定対策現地講座」
「江戸文化歴史検定おさらい講座」
などといった受験にまつわる様々な誘惑(笑)が、別紙となっていっぱいいっぱい詰まっております。

このぉぉぉ商売上手っ!!ヽ(`Д´)ノ



何はともあれ、じわりじわりと江戸熱加熱中です。
今年も合格目指して、そして新たな江戸の開拓目指して頑張らないとねっ!

「お江戸でござる」 再発信っ!!(≧▽≦)

CSファミリー劇場にて
「お江戸でござる」
の再放送が始まりましたーーーっ!!!


久しぶりにあの
「ちゃらら・ちゃっちゃちゃ~ら・ちゃらら~ら」
というおなじみのBGMが流れると、何とも言えない気持ちになっちゃいましたね。
やっぱり私はござるが好きだったんだなぁ~。(つД`)

「お江戸でござる」が終わってから、「道中でござる」になって・・・そしてそれが終わってから数年が経過。
再放送がまったく期待できなかっただけに、こうやって再会できることが非常に嬉しいっ!!


さぁ、それでは1995年版の「お江戸でござる」についての気づいた点をいくつかご紹介です。
長年見続けていた番組だっただけに、
「あれ?最初はこんな感じだったのか?」
と、様々なところの違いが見られました。
そういう意味では、非常に新鮮な感覚でみれた「ござる」でしたねっ!( ^▽^)



やっぱり「お江戸でござる」はいいなぁ。

MORE »

「趣味悠々」でバドミントン♪

今宵もわくわくしながら、「趣味悠々」を見てました。
http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/badminton.html


ラケット片手に。(笑)

ただ見ているだけじゃ、我慢できないんですよ~。( ^▽^)



番組の中で
「手首を返すんですよ~」
「バックスイングは、肘を横にあげるようにして・・・」
「フォロースルーは、腕をねじるように」
なんて言われてしまったら、もう我慢できませんっ。
ラケットを振って確認せずにはいられない。
そして言われた通りに振ってみるけど、なんかぎこちない。
「どこがおかしいんだろう?」
といろいろ考えては、またふり直す・・・この繰り返し。

バドミントンを始めて早1年。
やっている回数の割りには、なかなか上手になりません。
だけど、こうやって試行錯誤することがとても楽しい!
ましてやそれが上手くいった時などは、天にも昇る思いです。(笑)


今日出てきたオーバーヘッドショットの
「スマッシュ」
「ハイクリア」
「ドロップ」
「カット」
は、まさにバドミントンの基本ともいえるショット達。
しっかり打てるか?と言われれば、全く持って自信はない。(-o-)
スマッシュは、ネットに引っかかってしまうし・・・
ハイクリアは、遠く・高くがなかなかできない。
ドロップは、ネット際におとせるようになったけど、まだふわ~りとした緩いやつだけ。
カットは、打とうと思って打てた試しがないんだよーーーっ!!!ヽ(`Д´)ノ

運動センスの無さにはあきれるばかりだけど・・・
今は、とにもかくにもバドミントンが面白くてたまらない。
サイクリングや水泳もやっているので、
「一週間の内4日ほどは運動日」
になっちゃっているけど、今はもう体を動かすのが本当に楽しい。
逆に、家の中でPCと格闘している方が苦痛になるくらいになってしまいました。


PC歴14年のパソコンオタクですらもここまで変えてしまうとは・・・恐るべし、スポーツの魅力。(゚Д゚)




土曜日のバド練習が、楽しみで楽しみで仕方ありませんっ!!!
は~やく来い来い、どぉ~よぉ~びぃ~!!ヽ(≧▽≦)ノ


今日のビックリギネス (2007/06/17)

今日のビックリギネス。(゚Д゚)b


「起こさないでください」という札のコレクション
記録:2915枚
所持者:ジャン・フランソワ・ベルネッティ
場所:スイス



ホテルにおいてある「起こさないでください」という札を、131カ国分も集めたんだそうです。
スゲ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!

2004年の時点だけど、目標は191カ国分集めることなんだそうな。
2007年現在での記録が気になります・・・調べてみようかなぁ。(笑)




この「ギネス世界記録」には、様々な記録が載っているけど、こういった
「珍記録」
は読んでいると、非常に面白いものばかりです。


私も何か目指してみようかな?

「十三人の刺客」にビックリっ!Σ(゚Д゚)

今日は、久しぶりに時代劇専門CHを見てしまいました。
その名は、「十三人の刺客」(仲代達矢主演)。



もうね?


ひたすら
「スバッ!」
「グサッ!」
「ドバッ!!」
っていう惨殺音の連続っ!!

そのあまりの凄さに、武之介も真っ青&大喜びです!!
(どっちなんだ(笑))



すごい・・・こういう時代劇もアリなんだね?(゚Д゚)

MORE »

新シルクロード ≪第3集 オアシスの道は険し≫

シルクロードの度は、まだまだ続きます。
舞台は中央アジアへ!!


キルギス、ウズベキスタンという国を旅していくことになりますが、シルクロードの影響力の大きさを、ここでもいろいろ知ることができました。
それと同時に、
「中国」
という国の影響力の大きさをも、感じ取れた内容でしたね~。


MORE »

バドミントン専門店っ!!すげーー!!

「ガットが切れたーっ!!」ヽ(`Д´)ノ

と騒いでおりましたら、バド仲間から
「イイお店があるよ~」
との情報が。
さてどれほどのものやらと、さっそく週末赴いてみますと・・・なななんとぉぉぉぉーーーーーっ!!!!!!




『バドミントン専門店』


だったのですっ!!
ま、マジデスカーーーッ!!!Σ(゚Д゚;)

MORE »

愛用していたラケットが・・・(つД`)

愛用していたラケットのガットが切れました・・・(つД`)



「華麗にスマッシュ!!!」ヽ(`Д´)ノ

とかなんとか言って(出来もしないのに)振りぬいてみたら、おかしな挙動をしながら飛んでいくシャトル。
珍しくミートしたのに・・・ついに魔球をGETか?とふとラケットを見てみたら


『ガットが切れてました』_| ̄|○



初代ラケットを久しぶりに使いましたが、2代目の軽さに慣れ親しんでしまった今では、振りぬくのがつらいっ!!!



今週末になったら、スポーツ用品店に直行してきます・・・。

NHK教育「趣味悠々」という番組がスゴイ・・・

NHK教育 趣味悠々
「中高年のための楽しいバドミントン入門」

http://www.nhk.or.jp/syumiyuuyuu/badminton.html





これはぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!Σ(゚Д゚M)





見るしかないよね?(≧▽≦)






この間もサイクリングを取り上げていたし・・・
この「趣味悠々」という番組。
侮りがたしっ!!(゚Д゚)

今週借りた本(2007/06/11)




■ ギネス世界記録〈2004〉(クレア フォルカード)
2004年現在での記録なので、これが最新というわけじゃないけど、いろいろ面白そうです!
のっけからビックリするような記録の連続で、武之介大喜びっ!!(≧▽≦)

「もっとも体重の重い男性」
「もっとも背の高い男性」
「同時にもっとも多くのバスケットボールをまわす記録」
「最年長のバドミントン選手は?」

たぶんね・・・想像を超えた結果に驚くと思います。
(特に「最も重い体重」はスゴイよ)
本気とかいて、マジでスゴイ領域です、ハイッ。ヽ(`Д´)ノ


さぁ、答えを知りたい人は
「続きを読む」
をクリッククリック!!(笑)



■ 図解雑学 よくわかる宇宙のしくみ(吉川 真)

「図解雑学 ブラックホール」が予想以上に面白かったので、同じシリーズ品を借りてみました。
非常にコンパクトなサイズの割りには、オールカラーの写真を多数掲載していたり、わかりやすい解説だったりと、なかなか読ませる宇宙雑学本のようです。

このシリーズ・・・今までなめていたけど、かなり面白いのかも?
他の作品のヤツにも、ちょっと興味がわいてきたぞ?

MORE »

「図解雑学 ブラックホール」 読了



図解雑学 ブラックホール(前田 恵一 )』 読了しました。
(武之介評価:★★★★★


今まで、ブラックホール関連の様々な本を読んできたけど・・・
「この本が一番わかりやすく面白い!!」
って、文句なしに思えました!
ちょっと科学的な話が多かったのだけど、そんなの全然気になりませんでした。
難しい話なのに、ここまでわかりやすく掛けてしまうこの著者さんは凄いね~。




「ブラックホールってどんなものなの?」
っていう疑問は、天文に興味を持っている人なら誰しも持っていることだと思う。
そんな不思議な天体ブラックホール。
「光すらも抜け出せない」
という強力な重力を持つという、非常に神秘的で不可思議な天体。
それゆえに
「もしブラックホールの中に入ってしまったら、どうなるの?」
という話なんかには、たとえ推測の話だろうともワクワクしてしまうのは仕方ないデス。(  ̄ー ̄)



「もし人間がブラックホールの中に入ったらどうなるのか?」
その答えは・・・
『引きちぎられてしまう』
んだそうな、ひーーーえーーーーーーっ!! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


ブラックホールの中心に近づくにつれて、重力が強くなります。
たとえば足の方から、ブラックホールに吸い込まれていったとすると・・・
・足にかかる重力
・頭にかかる重力

「足にかかる重力」>「頭にかかる重力」
という状態になります。
足の方がよりブラックホールの中心に近いわけだから、重力が強く掛かるのは当然ですね。


すると足と頭に掛かる重力が違うので、
『足の落下速度と頭の落下速度が異なる』
ということになります。


つまり
「足の落下速度に頭が追いつかない」
ということになり、体が引き延ばされます。


カンの良い人ならば、この辺りで
「あっ!!」Σ(゚Д゚;)
って気づいたかもしれません。







心の準備はよろしいですか?








そして、より重力が強くなっていけば・・・


「プツン」




ぎゃぁぁぁぁぁぁああああ!!!ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!






ま、まぁこんな感じで、読者を思わずワクワクさせてしまう(?)ような仮定の状態に対しても、理論を用いてわかりやすく解説してくれるので、非常に面白く、そして楽しく読むことができました。
「光でさえも脱出できないブラックホール」
には、まだまだ謎多きところがたくさんあるけれども、もっと科学技術が進んで、更に解明が進んでくれると嬉しいなぁ~。


それまでは、こういった本を読んで、もっとギャーギャーしたいものです。(笑)

NHKスペシャル 激流中国 「北京の水を確保せよ」

『NHKスペシャル 激流中国 「北京の水を確保せよ」』を見ておりました。

ここ数回の放送をみてきて
「中国も日本と何ら変わらないようば場所が一杯あるじゃん」
ということを強く感じさせられます。
それほどまでに経済発展が突き進んでいるという証拠なのでしょうね。
もちろんTVで取り上げられることなどは、表面の一部分にしか過ぎないことは承知しておりますが、そういった発展があることも事実の一つ。
そして、その経済発展の裏側にある問題があることも、事実。
今回取り上げられていたのが

「水」

ということでした。



水って、すべての根元に関わってくること。
コレがおかしくなるようなことになってしまったら、本当に恐いことだよね。(゚Д゚;)

MORE »

「女魔術師ポルガラ」 読了・・・・できませんでしたっ!!ヽ(`Д´)ノツマンネー!!!!!


運命の姉妹―女魔術師ポルガラ〈1〉
貴婦人の薔薇―女魔術師ポルガラ〈2〉
純白の梟―女魔術師ポルガラ〈3〉


読了しま・・・せんでしたっ!!!ヽ(`Д´)ノ
途中で、あまりにものつまらなさと主人公嫌いになって、読むのをやめてしまいました・・・・。(つД`)

というわけで、初の評価★を見事にGETです。
(武之介評価:★)



この本の元になる「ベルガリアード物語」は、文句なしに面白い作品でした。
★★★★★評価をつけていますし)
類似作品でもある「魔術師ベルガラス」も、ちょっと思うところはあるけれど、なかなか面白かった。
それゆえ、
「「ベルガリアード物語」「魔術師ベルガラス」では語られなかった物語の細部を、女魔術師ポルガラの視点で描いた」
という今作品に対してもそれなりに期待しつつ、、物語の世界へと突入していったのです。


しかし、ものの見事に期待は打ち砕かれてしまいました。(つД`)

MORE »

NHKラジオ講座を聴き始めて、早4ヶ月・・・

4ヶ月間も聴き続けると、それなりの数になってくるものらしい。(゚Д゚)...

20070601_02.jpg





リスニングって、英語の授業とかでさんざんやってきたけど、正直なところ
「こんなのやっても意味あるんかよ~」
的なことを思ってました。
(だから英語ダメ人間なんだと思う。(笑))


そんな人間でさえも、毎日聞いていると
「それなりに聴き取りができるようになってくる」
あたりが不思議。 (((( ;゚Д゚)))




満足に覚えられた言葉が
「por favor」
(お願いします)
しかないけどねっ!!ヽ(`Д´)ノ






単語覚えようよって、本気で思いました。(つД`)




NHKラジオ スペイン語講座
http://www.nhk.or.jp/gogaku/spanish/kouza/

「お江戸でござる」の放送日決定!

CSファミリー劇場のHPにて確認できたので、こちらにても掲載。

「コメディーお江戸でござる」
の再放送の日程が決まった模様です!!(≧▽≦)

http://www.fami-geki.com/time_t/program.html?date=20070624&time=070000



内容の欄にある杉浦先生のお名前が間違ってるぞーーーっ!!!ヽ(`Д´)ノ
(「杉浦日名子」→杉浦日向子)

といういきなりの「本日の間違い」が炸裂しているわけですが、番組内での「本日の間違い」の方にも注目していきたいところ。
(番組初期の頃だから、一杯間違いもあるはずっ♪)


出演のところに
「重田千穂子、魁三太郎の名前が無い」
あたりなんかも、気になっていたりします。
(もしかして、途中からレギュラーになったとか??)


豪華歌手ゲストあたりなんかも、番組中盤以降の頃とはまったく人選が異なるんでしょうね~。



といった具合に、今からワクワクしまくりです!
95年第一期のござるはまったく知らないんですよね~。
それだけに、この貴重なチャンスは見逃すわけにはいきません。。(゚Д゚)b



この来るべきXデー

『2007年06月24日』


に向けて、心技体ともに準備万端にしておかなくてはっ!!



お江戸でござるファン達よ・・・・・・

刮目せよっ!!
ヽ(`Д´)ノ



今週のネコ様(2007/06/01)

20070601_01.jpg


我が眠りを覚ますのは、誰にゃぁ~~(゚Д゚)


(≧▽≦)ノ

 | HOME | 

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する