「眩 ~北斎の娘~」 を見て思う事

1日遅れですが、『眩(くらら)北斎の娘』を見ました。
ドラマで描かれると現実味が帯びてくるので、漫画とは違った意味で楽しめましたね。

葛飾北斎という人も魅力的で大変変わった人でしたが、娘・お栄もやはり不思議な人だなぁと改めて思いました。
杉浦日向子先生の「百日紅」で初めて知った時も
「こんな人がいるのか?!」(親子共々)
と驚いたものでした。


北斎の事を父親として以上に一絵師として
「遠く及ばない存在」
と常に意識しつつあきらめに似た境地に陥るも、その超絶的な画力を見せつけられては涙を流してしまうほどの嬉しさを感じてしまう。
そんなお栄の心の底にある
「絵に対する思い」(どちらかというと色?)
を強く感じました。

馬琴との関係や、仕事場の汚れっぷりなど、とにかく絵を描くこと以外は無頓着といった北斎の変人ぶりも大変面白い。
浮世絵は版元・絵師・刷り師・彫師などのチームワークによってなりたつ作品。
絵師の仕事は
・下絵を描く
・色を指定する
という事だったと思うので、ドラマで描かれていたような直接色を塗るようなやり方は、たいてい肉筆画になるのでしょう。
(色をつけた版下絵などもあったのかもしれませんが。やはり色々忘れてるなぁ(^^; )


お栄の最後は「消息不明」という事だったと思いましたが、ドラマでは晩年は弟の厄介になったという描写がありましたね。
(これは多吉朗の事?)
「北斎という存在を一番身近にいて強く感じ続けていたからこそ、北斎が亡くなった後は大丈夫だったのだろうか?」
とずっと思っておりましたが、ドラマで描かれていたような晩年の様に、描きつづけていたとしたら嬉しいですね。





ドラマを見ていたら、久しぶりに『百日紅』が読みたくなってしまいました。
ドラマの原作を読んだ後にもう一度読み直してみたいと思います。




スポンサーサイト

百日紅 Miss HOKUSAI がいよいよ公開!

いよいよ公開日となりました杉浦日向子先生の「百日紅」。
もちろん見に行きたいものですが、子供の世話等があってなかなか時間がとれず、今回は見送る予定・・・。
時間がとれれば見に行こうとは思いますが、嫁さんに子供の世話を任せて行ってしまうのもちょっと問題なので、できれば嫁さんと二人で見に行ける状態をつくっていきたいものです。

さて、北斎の娘「お栄」を主人公とした異色作品でもある「百日紅」ですが、私自身は数ある杉浦日向子先生作品の中でも随一に好きなものでもあります。
起承転結にきれいにまとまりのある物語・・・というものではなく、何ともおさまりのない不思議な魅力がある所が好きですね。
この作品を読んで、「葛飾北斎」という人物が大好きになってしまった・・・といっても過言ではありませんし。
予告編を見る限り、原作をかなり大事に再現しているように思えるので、大変面白そうですね。

興味のある方はぜひ映画館へ!!

上原道場を更新して思う「お江戸でござる」

タブレットを壊したショックからか、今日は珍しく上原半兵衛道場を更新しました。
昔の焼き直しという状態ですが、とりあえず2ページほど追加です。
・江戸の正月事情
・江戸のベストセラー

すべてHTML5で記述しようと思っていたのですが、昔作成した分については従来のHTML4のままでいいやと妥協します。

久しぶりに自分の更新したページを読み直してみましたが、「お江戸でござる」懐かしいですね。
もう放送終了して結構経つんですよね。
あの頃は毎週木曜日が楽しみで楽しみで、特に杉浦先生の話を聞くのがとても大好きでした。
面白おかしくお江戸の世界をお芝居で表現し、その補足説明を優しく杉浦先生がお話してくれる。
お芝居もとても面白かったなぁ~。
あの頃学生だったえなり君も、今や立派な大人です。時が立つのも早いと感じざるを得ません。

再放送やDVDなどで再度見ることができればよいのですが、たぶん無理でしょうね。
手持ちの録画した分ならありますけど、VHSなので閲覧が厳しかったりします。
VHSで録画していたというあたりにも、何だか時代を感じてしまいますね。

あぁ、また見たいなぁ、「お江戸でござる」。
だいぶ江戸をさぼっちゃった私が今あの番組を見直してみたら、いったいどんな事を思うんだろう?

太田記念美術館で「大江戸ファッション事始」なる展示会開催中 おもしろそうじゃないか!

せっかくだから、写楽展以外にもお江戸関連の展示会やっていないかなぁ~と調べていたら、太田記念美術館にて


大江戸ファッション事始め


なんていう面白そうな展示会が開催中らしい。
江戸のファッションというのには前から興味があって調べていた(中断中・・・)事もあり、興味だけはずっと残っているんですよね。
太田記念美術館自体も凄い久しぶりだしなぁ。
帰りに時間があったら、寄ってこよう♪

こんな事をかいていたら、眠っていた江戸熱がむくむく膨らんできた。
神田の神保町にも久しぶりに寄りたいぞ?
北斎先生のお墓にもずっといってなかったし・・・
深川江戸資料館の江戸の町並みを歩いてみたいし・・・

お茶の水の楽器屋巡りや、秋葉原巡回などしてこようかなぁと思っていたけど、何だか時間が足りなさそうな気がしてきたな。

龍馬伝が面白い

龍馬伝のOPがかっこいいなぁ~。

昨今の大河ドラマOPにあるような無意味に広大さを謳うかのような演出がなくて好きです。

龍馬を福山雅治が演じるとあって果たしてどうなるものやら?と思っておりましたが、思っていた以上に良いから嬉しい限りです。
また、それを補うかのような岩崎弥太郎(香川照之)が良いですねぇ。
龍馬と弥太郎の相反するかのような人物っぷりが、凄く見ていて楽しいです。

これから二人の関係がどのような形になっていくのか・・・
そして龍馬伝にどのような形で関わっていくのか・・・

今から非常に楽しみです。
今年の大河ドラマは久しぶりに最後まで見ることができると嬉しいな。

 | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する