PDFを表示して回転させて保存する・・・の方法が見つからない

「PDFを表示して、特定のページのみを回転し、再度保存する・・・」

という方法がわからず、調べ始めてかれこれ2時間・・・疲れた(ToT)
Acobatを利用すればPDF表示はできるけど、「特定のページ」という認識ができないし・・・
かといってiTextSharpにはPDF表示という機能自体が見当たらない。
むむむむむ・・・・

プログラミングは、開発がスイスイと進んでいる最中は楽しいけど、こういった壁にぶつかって、まったく先に進まない時間が長続きすると、本当に疲れます。

こういうときは・・・好きな天文関連の本でも読みながら、もう寝ましょう。
スポンサーサイト

C#による開発中・・・・

子供が寝ている時だけが、自分のプライベートタイムとなるのですが、寂しいやら嬉しいやらの複雑な心境です。
一杯一緒に遊んであげたいのに、自分の時間もたまには欲しい・・・相反する思いに苦悩中(--;


仕事で様々なプログラミング言語を扱ってきましたが、以外にも
「C#」「C]「C++」
についてはまったくやったことがない。
プログラミングの基本ともいえるC言語関連にまったく触っていない人間でも、一PGとしてやっていけるのだから不思議なものです。
まぁプログラミング言語はあくまで具現化するためのツールであり、工数や成果、レスポンス等に問題がなければ
「何でもよいのでは?」
と思っている次第。
とはいえ、さすがに知らないままではいられないよなぁ~と数年前から思っていて、時間があるたびに、趣味として開発を行っています。

今はコソコソッと、書籍のPDF自炊したデーターの管理できるPGを製作中。
PDFの連結やページの移動、ページの回転や文字修正・コメント追加等の機能を盛り込みたいです。
これで整えた書籍のPDFをNASで管理し、スマホやタブレットでいつでも簡単に閲覧できるようにする・・・というのを最終的な家庭環境にしたいです。

少しずつだけどがんばるぞ。

おっと、うちの殿様が泣き始めたゾ(^o^)

VisualStudio 2015をインストールしてみた

2歳になった息子が「パパ、パパ」となついてくれるのが、すごく可愛いと思える今日この頃です。(^-^)
なかなかご飯を食べてくれず、寝るのも22時過ぎというのが玉にきずですが。


以前自作した「家計簿ソフト」を使ってうちこんだデータがそろそろ2年くらいになるのですが、
「ただ打ち込むだけで、あまり分析の方に力をいれていないなぁ」
と感じました。
久しぶりに機能追加でもやったるか!と思ったのですが、開発ツールでもあるVisual Studio がインストールされていないのに気づく。
そういえば、HDDが壊れて環境を戻した際に、Visual Studioは後回しにしていたなぁ。

MicrosoftのHPを調べてみると、今現在の最新Versionは2015。
仕事でも多大なお世話になっているこの開発ツールVisual Studio ですが、この新しいのは使ったことがなかったため、勉強を兼ねてインストール。
しかし毎度思うのですが、こういった開発ツールが無料で手に入る昨今はすごいなぁ~と思います。
私がプログラミングにはまった高校生の頃は、開発ツールってかなりの値段がしたもの。
趣味でプログラミングをする人間にとっては、よい時代になったものです。



ISOファイルをダウンロード&インストールするだけで、2時間くらいかかった・・・(ToT)

以前作った「家計簿ソフト」のソースファイルを開いてみると無事に開けたのでよかった。
さらには知らなかったのですが、TFSなどのサーバーを立てなくても、バージョン管理ができるのがうれしい。
今まで自分でバージョンを切って、それごとにフォルダ等で管理していたからなぁ。素直にソース管理ツールを使えばよかったのですが、面倒だったものでつい・・・。


子供と嫁さんが寝ている時間をつかって、コソコソっと自宅プログラミングを再開しますかねっ!
でも「浮世風呂」も読み途中だから、なかなか時間の使い方が難しい・・・。

タブレットが戻ってきました

タブレットが約一か月間の修理をへて、戻ってきました。
「もう絶対落とさないぞ!!」ヽ(`Д´)ノ

と強く誓いましたため、落下防止にいろいろと対策を練りたいところです。


落下対策となると落下防止リングをつける(バンカーリング)等が主流のようですね。
使用時はもちろんの事、移動時にも落下防止には気を付けたい。
演奏時に使用するため、首掛けや譜面置きも検討したいのですが・・・こうなるとなかなか難しい。

何か良いものはないものでしょうか。

VB.NETによるピンチイン・アウト

できないのかなぁ~と思っていたVB.NETによるピンチイン・アウトですが、WPF4を利用することによって可能らしい。
早速以下のサンプルプログラムを実行してみたところ、確かにできた!(゚∀゚)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/ee649090%28v=vs.100%29.aspx

WPF4は使った事ないので勉強し直しという事になるけど、これで望みが出てきました。
タブレットアプリを作ってみるか!!

 | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する