息子の門出

昨日は長男の入園式。
途中で私や嫁さんと別れると大泣きしていて、式の最中もずっと泣きっぱなしでした。
幼稚園の入園式には見慣れた光景。
私自身も泣いて入園したのをよく覚えていたのである程度こうなることはわかっていましたが、いざ直面すると心配になってしまうのは親心なのでしょうね。
「自分が親になって、自分と同じように泣いて幼稚園に行く我が子を見る」
親ともなれば誰しもが経験することでもあるのでしょうが、まさか私がこうなるとはなぁ~と何とも不思議な気持ちも感じました。
それと共に、こうやって少しずつ成長していく我が子の姿を見れるのは嬉しいね。

子供を育てるのはとても大変だけど、子供を含めた家族一同で、共に成長していきたい。


明日は初めてのバス通園。

きっとまた大泣きするのだけど

「ボク、泣かないよ?」

って、今日絵本を読みながら寝床では言ってくれていた。

子供のがんばりに期待です。

明日、頑張って通園してきてたら、一杯褒めてあげなくちゃ!(^o^)/
スポンサーサイト

3歳の子供が読んだ本「4さいのおはなし」

3歳になる息子が読んだ本を記録として残しておきたいため、BLOGに記載です。

「4さいのおはなし」(世界文化社)



長男(三歳児10カ月)の夢中度:★★★★


ここ最近、「電車・トーマス」や「アンパンマン」以外にも興味を持ち始めている様子。
市内の図書館で行われているお話会などに連れて行っても、お話等を以前よりよく聞く様になりました。

「意外と物語なども少しずづわかるようになってきたのかな?」

と思い、嫁が買ってきたこの本を読んで聞かせたところ、意外に食いついてくるから驚きました。

「友達と一緒に遊んだり」、「物を分け与えたり」、「お母さんに会いたいという気持ち」や、「約束を守る」といった子供に教えてあげたいなぁと思う事が物語を通して優しく伝えられる所が嬉しいです。
話自体も結構面白く、短めな物語構成になっているため、読む側にとってもあまり疲れを感じずに読んであげられる事ができます。

世の中にはいろいろな物語があって、面白いのがたくさんあるのだから、それをできるだけ子供には教えてあげたいものです。

3歳の子供が読んだ本「でんしゃがきた」

3歳になる息子が読んだ本を記録として残しておきたいため、BLOGに記載です。



長男(三歳児)の夢中度:★★★★★
次男(0歳児)の夢中度:★★

電車といえば「機関車トーマス」一択かと思っていたのですが、そこに風穴をあけたのがこの一冊。
トーマスも喜んで読みますが、この本も大好き!
2~3回連続で読まされることもしばしばです。

「でんしゃがきた」


という文から始まる様々な場面が描かれていて、様々な地域での電車風景を楽しむことができます。
絵柄もとても優しい感じで、読んでいて安心できる内容です。
大人が読んでいてもなかなか面白いですね。

電車といえばその車体ばかりが注目しがちですが、その電車と一緒に伴う風景なども興味をもったらしく、本を読みながら長男はいろいろ質問をあびせてきます。
好奇心をくすぐる一冊でもあったようです。

この本を読んだ後に、また本物の電車に乗せてあげたいね。

3歳の子供が読んだ本「りんごあかくなーれ」

3歳になる息子が読んだ本を記録として残しておきたいため、BLOGに記載です。

『りんごあかくなーれ』(作: 岸田 衿子)

長男(三歳児)の夢中度:★★★★
次男(10カ月)の夢中度:★★★


10カ月の次男の為に図書館から借りてきたのですが、なぜか3歳の長男の方が気に入ってしまった一冊。
最初はあまり興味を示さなかったのですが、次男に読んでいたら、いつの間にか食いついてくるようになりました。
しまいには
「もう一回!」
といって、3~4回連続で読まされることもしばしば。(--;


りんごの木になった青い実をいろんな動物が食べに来ると
「まって まって もすこし まって」
と、少しずつ赤く色づくのを待ってから、みんなで一緒に赤い実を食べる描写が可愛い。
息子はそれを見て
「○ちゃん、りんご食べない!」
(息子は自分のことを「ちゃん」付けで呼びます)
と最初は言っていたのですが、何度も読んでいたら
「○ちゃんも食べる!」
と言いはじめたよ、あら珍しい!
でも本当に食べてくれるわけじゃないんだよね・・・(--;


「りんご りんご」
「まって まって」
などの言葉使いもテンポよくリズミカル(?)に読んであげると、10カ月の次男の方もまんざら興味がないわけではないらしく、ニコニコしながら寄ってきます。


『あかちゃんえほん』
と書いてあるので対象は赤ちゃんなのでしょうが、2~3歳児あたりの幼児でも楽しく読める一冊だと思いますね。
大人の私が見ても、何とも可愛らしい絵柄です。
読んでいて、優しい気持ちに思わずなってしまいます。

3歳の子供が読んだ本「きかんしゃトーマス シールであそぼ」

3歳になる息子が読んだ本を記録として残しておきたいため、BLOGに記載です。



息子(三歳児)の夢中度:★★★★★

トーマス大好き!な息子がさらに夢中になりましたスゴイ本です!

本の最初にトーマスのシールがたくさんついているのですが、これをいろいろなページ内にある特定の箇所に張り付けていきます。
貼り付け場所にはピンク色の絵柄で統一されているので、すごくわかりやすい。
一枚シールをはがしては、ページをめくって
「ペタっ」
と貼って息子はニコニコしています。
自分から進んで本を開いている時を見たときは、感激してしまいました。
すごいよ、トーマス(ToT)

シールだけではなくちゃんと物語も数話掲載。
息子が大好きなゴードンが真っ黒になって汚れてしまっているシーンなどをみるたびに
「ゴードンばっちぃ~」
といって大はしゃぎです。
物語の方も一緒になって読んでいますが、もう何回読み直したことやらわかりません

値段もお手頃ですし、息子がこれほどまでに絵本に興味を持つとは思わなかったので、改めて
「トーマス」
のすごさを感じている次第です。
トーマスには頭があがりませんね。(^^

 | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する